離れ胸を寄せて上げるブラおすすめランキング!

離れ胸を寄せて上げて補正するブラはこんな女性におすすめ

バストが左右に開いている離れ乳に悩んでいる。

 

離れ胸でエクササイズや筋トレをやっても効果がない・・

生まれつき離れ胸で胸が小さく見える・・

離れ胸で普通のブラだとサイズが合わない・・

 

離れ胸の治し方を知り解消したいけどうまく行かない。

そんな女性の方へおすすめなのが、離れ胸を寄せて上げて補正するブラです。

胸を育てるため育乳ブラ、ナイトブラとも呼ばれます。

最近販売されている補正ブラの効果は強力でバカにできない程のサポート力があります。

寝ている間に離れ胸を寄せて整えキープする癖を付けてくれます。

 

離れ胸を寄せて上げる育乳ナイトブラはこんなメリットがあります。

離れ胸の横流れを防ぐ 
離れ胸の垂れを予防
離れ胸の形を矯正する
胸をあたためる

離れ胸に悩む女性の方は、育乳ナイトブラを使う事で離れ乳が改善できるか試してみる価値は十分あります。

離れ胸を寄せて上げるブラおすすめランキング!

寝ている間に離れ胸をしっかり補正できる人気のナイトブラをランキング形式でご紹介します。

 

1位【Viageビューティアップナイトブラ】

   

 

離れ胸を寄せて上げる「Viageビューティアップナイトブラ」は楽天市場でランキング1位を獲得した人気ブラ。

離れ胸を寄せるブラとして購入した女性の口コミも好評で一定の方が効果を実感しています。

締め付けも違和感もなく寝てる時もきちんとホールドされる使用感も良いブラです。

 

お試ししやすい価格でもあり離れ胸を寄せて補正するブラをお探しの女性におすすめです。

 

Viageビューティアップナイトブラの詳細はコチラ>>

 

2位 【導(みちびき)リメイクアップブラ】

   

導きは楽天ランキング上位の常連でかなり売れている人気ブラです。

脇肉逆流動システムが脇肉や離れ胸をホールドして寄せるブラです。

ノーホック式で背中や脇の肉を集約してハンズオン加工で手で持ち上げるように離れ胸をリフトアップ。wパットで盛りバストを形状固定してくれるので離れ胸を寄せて補正したい女性におすすめです。

 

導きの詳細はコチラ>>

 

3位【ふんわりルームブラ】

  

ふんわりルームブラは離れ胸をやさしく包んで寄せるブラ。

ノンワイヤーの3段ホックで離れ胸を美しいバストラインに補正してくれます。

脇のお肉や離れ胸を固定して流さないパワーネットはチタン、ゲルマニュウムを配合。

血行を良くして代謝をサポートしてくれます。

ふんわりルームブラはカラーバリエーションが多く色を選びやすいナイトブラです。

 

ふんわりルームブラの詳細はコチラ>>

 

離れ胸の原因は?

離れ胸の原因はいくつかあります。

 

・離れ乳の原因は加齢によるバストの経年変化

・大胸筋、小胸筋の筋肉の衰え

・クーパー靭帯が伸びてしまっている

・ブラのサイズが合っていない

このような原因で離れ乳になってしまいます。

 

原因に共通しているのが、バストを支える重要な役割をしている部分が機能しなくなる事です。

そうして胸を支えきれなくなると離れ乳になってしまいます。

こういった離れ乳になる原因について対策を調べてみました。

 

大胸筋、小胸筋の筋肉の衰え対策

大胸筋、小胸筋はバストを支えている筋肉です。

大胸筋、小胸筋の筋肉が衰えると胸を支える力が弱くなりバストが離れる原因になります。

対策としては、定期的に大胸筋、小胸筋を鍛える事です。

鍛えると言っても激しい運度は不要です。

壁に向かって腕立て伏せをしたり、ストレッチをして筋肉を使い筋力をキープする事ができます。

 

クーパー靭帯を伸ばさない為に

クーパー靭帯は揺れに弱いので胸が大きな女性ほど激しい運動で胸を揺らす事がリスクになります。

ノーブラで激しい運動を続けていたら最悪クーパー靭帯が切れてしまう可能性もあります。

クーパー靭帯を伸ばさないためには、運動時はサイズの合ったスポーツブラで支える。なるべく胸揺らさない事が重要です。

 

ブラのサイズをしっかり合わせよう

離れ乳は間違ったブラの使い方でなるケースもあります。

胸は体重が変わったりすると大きさも変化しますし、加齢や出産などでも大きさが変わります。

そのためいつまでも同じサイズを使い続けるのはリスクがあります。

マメにバストサイズを測ってもらいサイズに合うブラを付けましょう。

 

加齢によるバストの経年変化対策

30代後半以降、加齢により胸の皮膚にハリがなくなってきてバストが徐々に垂れてきます。

おばあちゃんになれば誰もが胸が垂れます。

しかし、30代~50代位までは対策をすればまだハリや弾力を有る程度維持できます。

ブラで補正しつつバストケアクリーム等で胸のお肌のハリや弾力をケアすれば胸が垂れて離れ乳になるのを防げます。